学資保険の魅力の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 教育費に学資保険を活用

新着情報

定期的に受け取れる学資保険

子どもができると多くの親御さんが可愛い我が子のために保険に加入するでしょう。その中でも学資を契約することを検討される方も多いのではないでしょうか?子育てにかかる負担はよほど裕福な家出ない限り、決して軽くはありません。それを負担の少ないうちに積み立てておいて、一番お金のかかる時期にもらいましょうというのが学資は他の保険と一番違うところではないかとおもいます。設定にもよりますが、ひどければ数百万単位で用立てしなけれいけない入学時期にまとまった金額が受け取れるので、その有り難みはものすごく大きいでしょう。

各社の受取金の違いについて

私は子供が2人おります。学資保険も二人それぞれにかけており、一つは郵便局、もう一つは生保会社です。掛けるところが違いますので、当然、受取金額と時期についてもそれぞれ異なります。上の子の学資は、高校を卒業した時に100万円そのあと3年後に70万円となっています。下の子は高校を卒業した時に200万円という違いです。どちらがいいかというと、結論から言えば下の子が掛けていた保険の方がよかったと考えております。下の子のは、途中で20万円の見舞金が2回出たこと、一度に200万円もらえるので大学、専門学校への入学金に対して十分であることがその理由です。