学資保険の魅力の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学資保険解約は回避したい

新着情報

学資保険の解約について

学資保険は教育資金の準備を目的とするもので、祝い金や満期金があるので貯蓄性が高く、解約しても返戻金が支払われます。しかし貯蓄性が高いといっても銀行等の金融機関での貯金と違い、契約者や被保険者の保障もついている保障商品ですので、加入してからやめるまでの期間が短いほど支払った掛け金に対する返戻金が少なくなります。早期にやめてしまうと損をするわけです。もし資金が必要になった場合はすぐにやめるのではなく、契約者貸付制度を利用したり、保障を減額してその返戻金を受け取るという方法もあります。せっかくお子様のために加入した学資保険ですから他に方法はないか、加入している生保会社に相談してから決断するようにしましょう。

解約するのは損かもしれない

順風満帆な会社員生活を送っていたつもりでも、突然の解雇や倒産に給与カットが怒らないとはいえません。そんな時には節約や無駄を見直すことが必要になります。保険を解約する人も多いでしょう。しかしその中でも子供のために掛ける学資はなるべく継続した方が良いようです。銀行よりも利率が良いという事ですが、これはあくまでも満期まで預けた場合なので払い戻された金額は元本割れという結果になってしまいます。それに、再び加入したいと思っても、年齢が上になっている分、今度は以前よりも掛け金が高くなってしまったり、子どもの年令によっては契約自体出来ない場合もあるのです。